週休2日にやっとできたのにまた週6勤務に?

そもそも開業してから3年間は週6営業でした。が、超大口施設さんが、「とくし丸で買いすぎて体重もろもろ増えすぎてるので水曜だけにしてください」と。

土曜日…。半減以下。急に顧客が増えるわけもなく。反面、「よーし、週休2日に!」って事で調整して土日休みに。で、2019年の1月から週休2日に。

ああ、これが人間的なスケジュールだよ、と思ったのですが。

 

ところが、前回の話のように、最果ての集落で19時となり。ストレスのない仕事ながら、早く!早く!とストレスが。

f:id:terukun3921:20200917221225j:image

しかも、この写真のように神社の前の少しだけ平地になってるところに駐車してるので、お客さんはみんな坂を登ってくるか、くだってくるかなんです。今はまだ日が長いからいいけど。

 

さあ、そこからが自分の黒と白の?葛藤です。

本心は休みたい。けど、大好きになってしまったおばあちゃんたちに暗闇の中この坂を上り下りさせたくはない。どうすんべ?

 

 

決めました。多少は打算もあります。が、やはり出来るだけ分散した方がいいと。

 

あれやこれやと調整と根回しをして8月から土曜日に週1回のお客さんを集めて週6働きます!

 

気づいた事。時間が無いとイライラします。お客さんと会話できません。さっさと片付けます。遅れてきた人も、次に行くからと切り捨てる時も。

 

今はもっと楽しくなってます。

そして、最後の集落のお客さんにも

「ちょっとは早くなったけど、真冬は真っ暗や、もうちょっとでも早く来れるように頑張るから!」

「この時間なら上等!無理せんでええからね」

ああ、やはりこの仕事はたまりませんな

楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しいんだよ

わたしの販売エリアは道後温泉あたりのわりと街中ですが、奥道後温泉の奥の山あいのエリアもあります。

そのエリアはわたしが行き始めてから、大手スーパーのFが、コープの移動販売が、参入してました。元々個人の移動販売の方も。

 

ところが今年に入ってから、Fは撤退。コープさんは車を壊して撤退。個人の方も高齢を理由に撤退。

 

当然、とくし丸に依頼がたくさんありましたが、すでに最後のお客さんのところに18時とかになってたのでお断りせざるを得ない状況でした

 

しかし、その最後のお客さんから、少し奥の集落の友達が来て欲しいと言われたらしく、「うちで18時やけん、それ以降になるよ?」「それでもいいから来て欲しい」

マジか!?

 

今週はこの山の集落シリーズです。(ほんまか?)

 

それで行くことにしたのだけど、大歓待!

ああ、よかったなと。

 

ところが。次の訪問時。

「昨日、ずっと待ってたのに!」と言われて、「?」「火曜日と金曜日やで?昨日は木曜日やろ?」とちょっと半ギレで。

「上の人もまっとったけん、呼んできたげて」と言われ。

 

上の方に移動しつつ「何やねん!ムカつく!」って思いながら。けど、去年研修させてもらった、京都の水口さんならどう対処するやろ?って急に。

きっと笑うな。

絶対笑うな。

200%笑うな。

 

 

定位置に着いて、みんな集まってきたところで、「昨日遅うまで待ってくれとったんやってな?けどな、ここは火曜日と金曜日やから、昨日は朝まで待ってくれても来んわ!ハハハハハ!」

そしたらみんなも、「曜日間違っとたら来んよなあ!ハハハハハ」

 

なんかこのエリア大好きになりました。

f:id:terukun3921:20200917214029j:image

 

 

 

スーパーさんとの協力関係と信頼

Sちゃんは春の人事異動でやってきた青果の女子社員さんです。

いつも元気で駆け足で笑顔です。

 

元気が私の取り柄!私の化粧は笑顔ですよ!

って言う彼女が、先日ピッキングしてたら、「持っていって欲しいのがあるんですけど…」って話しかけてきて、「鳥取産の梨の新甘泉、私大好きな美味しい梨なんです!でも2個で980円と高いんです…」

すかさずチーフが高い梨なのに試食させてくれました。

う、美味い!!!!!

こんな梨食べたことない!

「2パック乗せていきます!」

 

お客さんも、「この梨美味しそうやな!」って言われること多数。

「抜群に美味しかった!でも高いよ?でもね、青果係のSちゃんイチオシの梨なんよ。僕も朝試食させてもらったけど、美味しかった!」

 

「この梨やったら1000円はするわな。美味しくない梨買って腹立つよりSちゃんおすすめの梨買っとこう」

と、Sちゃんのことなんて知りもしないのにないのに買ってくれて即補充に。

f:id:terukun3921:20200916190552j:image

 

そして昨日は、刀根柿を託してくれました。これも!僕はそんなに柿は好きじゃないんだけど、あま〜い!美味しい!

 

嬉しかったのは高い梨を買ってくれたからではなくて、「これは私の大好きな梨だから持っていって欲しいんです」と託されたこと。そして高いのに試食させてくれたチーフ。

 

とくし丸担当者に聞いた話。

 

Sちゃんは新入社員時代、開拓(新規ルートの需要調査)をやって、(セブンスターの独自の研修やな)「そんなんが来てくれたら助かるわぁ!ありがとう、ありがとう」と言われたそうで、とくし丸って素敵な仕事やなと感じたそうです。

「だから、私は他の人よりは少しとくし丸のことを理解できてると思います」と。

 

今日、青果の主婦様たちとその話をしていたら、「渡邊さん、だって、『これ美味しいですか?』とか、これとこっちとどっち持っていった方がいいと思いますか?』とかいろいろ聞いてくれるやろ?そしたら私たちも協力の仕方が分かるんよ」と。

 

なるほど。

 

スーパーととくし丸と言っても人間関係なので、取っつきにくい人もいるし、それを「なんかイヤだな」ってネガティブに捉えてしまうこともあるけれど、実際協力してやらない!とは思ってなくて、何をどう協力したらいいのかお互いに腹の探り合いってとこなんでしょうかね。

だから、こちらから教えて欲しいことを明確にでも相手の作業具合も考慮しつつ、コミュニケーション取らないといけないんですね。

 

待っていても何も始まらない。コミュニケーションってそういうことだと改めて認識。感謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子への誘惑?

皆さま、お久しぶりでございます。

(コラ!)

コロナの影響で(^◇^;)

 

コロナといえば、老人施設は軒並み通常の買い物は中止、職員さんによる代理買い物になりました。

 

そんな中、ある施設では、施設長さん(女性)が、「とくし丸さんの売り上げが下がるよねえ?私も買い物して少しでも貢献します!」

と言うことでお買い物をしてくれるようになりました。

 

それならば!女子に魅力的なデザートとか!今まで乗せたことなかったけど、持っていこう!

ということで女子への誘惑コーナーを作りました(笑)

f:id:terukun3921:20200720234235j:image

 

施設長さんは、優しいから、この罠(!?)に毎回反応してくれるんです😭

 

ところが!

 

最初は、その施設まで、隠してあったのですが、どうせ誰も買わないだろうからと初めから見えるところに置くようにしたら。なんということでしょう!

 

90歳の女子たちも、「珍しい!」「可愛い❤️」「美味しそう!」「今までこんなん、持ってなかったよなあ!」

という、意外な反応で施設に行き着くまでにかなり売れてしまうということに。

 

女子は女子やな。

 

だから商いは飽きないのかな。

 

しかし、期待値を上げてしまったから、女子への誘惑コーナーをなおざりにできなくなって、毎回本気のピッキングです!

こうして自分で自分の首を絞めるともいう(笑)

 

ムササビ

徒然なので、時系列バラバラ笑笑

とくし丸号の扉を跳ね上げると屋根になります。

でも隅の一角は隙間が開くので誰が考えたか、ムササビと僕らが呼んでいる雨避け日除けを作って、オフィシャルにオプションで購入できるようになっています。でも、あの可愛いイラストがあるのに隠れてしまうのは残念でなんとかできないかなぁ?と。


f:id:terukun3921:20191126212454j:image
f:id:terukun3921:20191207131408j:image
漫画コミックの表紙の帯って最近は、本体の絵と一体になってるのをみて…

f:id:terukun3921:20191207224350j:image
「これじゃ!」

ということで、ムササビにもイラストを上手くかぶせたら…と。

自作でステッカー作って貼ってみました。遠目には違和感無く?

色味が違うからヒゲヅラ笑

f:id:terukun3921:20191207224543j:image

 

まあ、雰囲気出てるから良しとしよう!

 

まあ、個人事業主なんだし、こんな感じで色々楽しめます。

(全て自己責任で笑)

同級生②

さて。まずは皆さまごめんなさい!

前回から1年経ってしまってます笑

もう、ブログはやめたと思われたことでしょう(^◇^;)

さてさて、住友さんにいったん断られてから。マック辞めます!って言ってしまったのを慌てて撤回して(ヘタレ)

しかし、その後自分の店が、フランチャイズ移行と急転直下。フランチャイズに出向するか、辞めるかを選ばないといけない状況になり、真剣に「自分は何をやりたいのか?」を考えに考え。

フランチャイズ説明会で「出向はしません」「では、お辞めいただくしかありませんね」「はい、よろしくお願いします」

と、晴れて?マクドナルドを退社することに。

そこから森茂樹の応援もあり、住友さんと直に会う機会も作ってくれて。

「住友さん、とくし丸がやりたいです」

スラムダンクのミッちゃんかよ…)

 

その後の住友さんはすごく心配、応援してもらって。「徳島は今エリアが無いけど、愛媛のセブンスターがパートナー募集してるから、担当者に話しとくから電話してごらん」と。

その後はトントンと。

同級生のおかげでありがとうと言ってもらえる素敵な仕事を始めることができました。

本当にありがとう!

 

 

さて、今年の7月末、その同級生がアクセルとブレーキを踏み間違えたとか、ズボンが履けないとか。頭を打ってから頭痛が酷いとか。

 

それ、ヤバいやつじゃ?

 

LINE仲間が心配して病院行け!って言ってるのに来月行くとか。

でも最終的に観念して病院へ。脳の半分が血で圧迫されてる!と。

 

ほんとうに。

 

お客さんを大事にするのと同じように自分も大事にしてくれよ!

 

経過観察後、10月に晴れて完治!タイミングよくとくし丸四国勉強会徳島会場が開催。

前夜に彼の全快祝い開催

f:id:terukun3921:20191127043015j:image

今は、同級生から同志へ。

というか、仲間か?

友達ってのは古くからの知り合いみたいな感じだけど、仲間というのは同じ志を持って切磋琢磨するみたいな感じがします。

 

これからも仲間として頑張ろうな!

 

同級生①

先日火曜日にお客さんの家の前でいつものように販売してたところ、通りすがりのお客さん夫婦が。その方は水曜日のルートの方で、ほんの数百メートルのお家なんだけど、ルート分けで別の曜日になってる方でした。

すると、火曜日のお客さんが、「あれー?◯◯君よねー?」と。

「近くに住んでるのに全然会わないわねー?」小学生以来の同級生だそうです。結婚したり、就職したりで故郷を離れ、しかし、やはり故郷に戻り。たまたま出かけていつもと違う道を歩いて帰ってきたら出会ったらしい。

そこから懐かしい話が盛り上がってたのだけど、次のお客さんから私の携帯に電話が…。「今日は遅くなる?」気づくと大分時間が過ぎていました。

なんか再会に水を差したようで申し訳ない気がしながら移動したのですが。

「気持ちはあの時のままだけど体がねー?」

っていう会話が印象的でした。再会で心は学生時代に飛べるのに、身体は言う事を聞かない。

それでも、「人生100年時代!まだまだ85歳!頑張らなあかんよ!お互いに!ハハハ!」

いいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

わたしは前職大手ファーストフード店の店長をしていました。いろんな事を学び、人とのご縁もありましたが、その世界しか知らない側面もありました。

中学校を卒業してはや30年以上という時期にSNSで再び繋がりができ、同窓会で再会し、同級生と心はあの頃にすぐに飛んで行けるんだと実感

 

その同級生の1人がとくし丸のキョーエイ10号車の森茂樹さん。とくし丸を「天職」と言い切る彼を羨ましく思いながら、その時は、まさかその同じ年に自分もその世界に入るとは思ってもみなかったのですが。

 

その年2015年は前職の会社にとって大変な年でした。異物混入、中国の加工工場のずさんな品質管理の嘘のような画像の流出…。

売り上げは驚くほど下がり、メディアやネットでは面白おかしく叩かれて、ヤンキーどもが「ハンバーガーにムカデ入ってたんですけどー」とか便乗したり。

そんな逆風の中現場のバイトの方はじめ、社員も頑張ってたと言い切ることができるのですが、ついにコストカットと人件費削減。この辺の右往左往などはいまさら恨み節になるので省きますが、現在は大幅に売り上げも利益も回復、向上してよかったなぁーと思います。

 

ただ、自分はこのままこの仕事を60歳までできるのだろうか?この仕事はほんとうに続けたい仕事なのか?お客さんに「ありがとう」と言ってもらえる仕事って?だから同級生の茂樹にとくし丸のことを根掘り葉掘り聞き、ネットでとくし丸のことを調べ、住友社長の創業日記を読みあさり、ブログを立ち上げておられた水口さんの記事を何度も読み返し、家族会議を何度もして、やはり退職してとくし丸をやりたい!

f:id:terukun3921:20180916230226j:image

再度茂樹に相談したら「住友社長に電話したら?」「いや、そんな気軽に連絡してもいい人なん?」「真剣に相談に乗ってくれるよ」

そんなやりとりで、一念発起!電話することに!台本を書いて、シュミレーションして。

いざ!電話!しかし!「安定した仕事を捨てたらあかん。もっと考えなさい」と断られてしまいました!(TT)

 

さて、今宵はこの辺で。なべ!きばれ!チェスト!(笑)