2人は1人に勝るんやな

年末はやはり単価も上がるし、別注も増えるから忙しい!昨年もギリギリな状況でした。

なので今回は妻を助っ人に、最終の3日間手伝ってもらいました。

しょっぱなの火曜日はかなり忙しくて。でも、20万の男には少し足りなかった。

水曜日はもともと客数が少ないから普通で。

最終日は件数多いけど、コロナで帰省少なくて去年より高額の別注少ないし、どうだろう?

 

2人で、ピッキングすると、1人では思い付かないというか、今までスルーしてたもの、目に入ってなかったもの、例えば今まで甘栗とか持っていってなかった。だって中国製だから。絶対売れないと思ってた。

「でも正月はコタツで甘栗とかお年寄りは食べる気がするから売れるんちゃう?」と持っていった甘栗とか干し芋とかよく売れました。

 

豚シャブセットとか大きい肉のセットとか、売れんやろと今までは持っていってなかったけど。しかも、売れなくて持って帰ったら…ヒンシュク。しかし、「目に付いたらあっ!と思って買ってくれるかもよ?店では飛ぶように売れてたよ?」

よもやよもやだ。6年目として不甲斐なし。穴があったら入りたい。

一軒目、二軒目で売れて取りに帰る。

店でのピッキング中に、一般のお客さんが何を買ってるか?なんてのはあまり気にしてなかったなあ。

 

それに加えて、こちらが応対してる間に売り場を直してくれたり、接客してくれたり、玄関まで運んでくれたり。

うちの妻はかなりできる人ですよ❤️

ノロケですがなにか?

 

1人ではマンネリになって、変化が面倒くさくなって、毎日同じ。

でもたまにパートナーがいると新しい提案や発見があって、忙しいなかでもとても発見の多い時間を過ごせました。

「改めて付いて来てみると、ご飯食べる暇なんか無いなあ(笑)」と言われて、自分のペースでやってしまった、昼ごはん💦

 

でも最終日には、件数多くて5時までかかったけど(基幹店が31日20時閉店なので、16時には帰着したいなと思ってました。)目標の20万の男にしてもらいました。

もっと売ってる人もたくさんいるのだけど、とても充実した年末でした。