別注ゲットだぜぇ!

とくし丸には1000点以上の商品を乗せてるんですが、やはり。みんなこだわりがあったり、先に買われてしまったり。だから「今度来る時ホニャララ持ってきて!」とか、施設であれば注文書を渡してあるので(100均)、注文書を書いてもらったり。

 

結構別注で助手席いっぱいです!

 

さて、今日は大口施設の夏祭りの別注が。去年は、前日に23時までかかって集めて、当日も6時から集めて、けど営業に遅れて泣きながら(?)営業して、終わったのは21時…。

 

なので、今年は早めにスーパーの店長に「24日に大口の別注があるので、副店長に手伝ってもらえるように手配できませんか?」と投げかけてました。副店長は僕が引き継ぎ開業時のとくし丸のスーパーのドライバーでした。いわば師匠‼️

 

 

そしたら、「営業中に揃えとくから全部任せて!」と。本当にいいのか❓❓❓

 

でも甘えることに。(甘えるんかい⁉️)

 

 

この施設は6ユニットがほぼ独立採算なので、各ユニットから別注があります。

 

揃えるのも分けるのもなかなか大変。

 

でも、おんぶに抱っこで無事やり終える事が出来ました。別注だけでほぼ10万円、前人未踏の(僕だけだけどね( ̄▽ ̄;))

20万円の売り上げでした。

 

学び。と、感想。

①本当に副店長には感謝感激雨あられ

   10万の別注揃えるのはほんとに大変。

    でも、副店長は、「スーパーで待ってても、10万の売り上げ上乗せは難しい。とくし丸の売り上げも、スーパーの売り上げも一緒だから当然だよ」と。

 

②去年は大変だった。あれ?一昨年は?

そう、その頃はまだ、大手スーパーのフジも来てたから、とくし丸は別注もらえてなかったのだ!

僕の同級生で、とくし丸を教えてくれた森師匠は、お客さんを好きになって、お客さんに好かれたらいいんよ!って最初に教えてくれました。

 

そうかもしれない。この施設はフジではなくてとくし丸を選んでくれたのだから。おばあちゃんだけじゃなく、施設のスタッフにも感情移入する。天海祐希に似てる施設長が、「とくし丸がスタッフにも入居者さんにも好かれてるから、来週からはとくし丸さんだけに来てもらいたいですがいかがですか?」

と言われたことを思い出す。(その時は一昨年の祭りは終わってたのね(笑)

 

僕らは個人事業主なのでわりと小回りが利く(と思う)

 

時給850円のパートの人にはできないことも。

つまり(?)

選んでくれてありがとうございます!

 

まだまだ書ききれない思いとウンチクはあるのだけど、とりあえず今年も乗り切れたということで、かんぱーい!(笑)